商品カテゴリ一覧 > Tシャツ > 『石田散薬Tシャツ』




【石田散薬とは?】
若い頃、土方歳三は実家でつくられていた家伝薬「石田散薬」を売り歩く行商をしていました。
効能は骨接ぎ・ねんざ・打ち身等々で、飲み方としては熱燗の日本酒で服用とのこと。

そんな「石田散薬」のパッケージがデザインされたTシャツです。

【土方歳三プロフィール】
天保6年(1835)年、武蔵国多摩郡石田村に農家の四男として生まれる。
天然理心流・試衛館で知り合い、義兄弟の契りを交わした近藤勇らとともに幕府の浪士組に参加。
文久3(1863)年上洛する。
同年、新選組と名を改め、副長として京都の治安警護維持にあたる。
慶應4(1868)年、鳥羽・伏見の戦いののち、江戸に退却。宇都宮、会津を転戦し、明治2年(1869)年、箱館一本木関門において銃弾に倒れた。
享年34。

あだ名:鬼の副長
趣味:誹諧
辞世の句『よしや身は 蝦夷島辺に朽ちぬとも 魂は東の 君やまもらむ』
名(迷?)言『梅の花壱輪咲ても梅はうめ』


『石田散薬Tシャツ』

土方歳三の生家秘伝薬『石田散薬Tシャツ』

おすすめ

商品番号 t-00

値下げしました!

4,212円のところ
価格改定により3,000円(消費税込:3,240円)

サイズ  
ガールズM
S
M
L
XL

△:残りわずかです
×:申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

数量

商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

おすすめ商品

新選組シリーズ 『土方歳三〜雪〜 』Tシャツ

4,320円(消費税込:4,665円)

新選組副長・土方歳三が描かれたTシャツです。