榎本武揚


【幕末タレント名鑑「榎本武揚」】

名前:榎本武揚(えのもとたけあき)
所属:幕府→蝦夷共和国→明治政府
出身地:武蔵国江戸下谷御徒町(東京都台東区御徒町)

生年月日:天保7年8月25日(1836年10月5日)
没年月日:明治41年(1908年)10月26日
思想:佐幕




第22回は、世界と対峙したクールな江戸っ子、榎本武揚さんです!

武揚さんは、伊能忠敬の弟子でもあった幕臣の榎本武規を父の次男として誕生しました。
始めの名前は「釜次郎」で、兄は「鍋太郎」でした。
“「釜」と「鍋」が付いていれば、食いっぱぐれはないだろう”ということで名付けられたそうです。
ユニークなお名前!


幼少期から勉強ができたようで、弘化4年(1847年)に幕府のオフィシャル学校である「昌平坂学問所」に入学し儒学や漢学を学んだり、これと並行して、ジョン万次郎の私塾に通って英語を学んだりしたそうです。
嘉永7年(1854年)には、箱館奉行の堀利煕(ほりとしひろ)に従って蝦夷(北海道)の箱館に赴いて樺太の調査に参加しました。
「箱館戦争」や「開拓使」、「千島樺太交換条約」などで北海道と縁が深い武揚さんの原点とも言えるお仕事だったわけです。

安政6年(1856年)に幕府が新設した「長崎海軍伝習所」に入所し、航海術、造船、外国語、地理学、蒸気学、化学、国際情勢、西洋学(蘭学)など、最先端の学問に触れ教養を大いに高めました。
ちなみにこの時、生徒の中には勝麟太郎(海舟)がいました。
学問に真摯に取り組む武揚さんは、筆頭教授のカッティンディケに「品性卓越し、絶大な熱心さを持った計画性のある人物」と評されたそうです。

文久2年(1862年)に、幕府がオランダに蒸気軍船1隻の建造を注文し、同時に操縦技術習得のために留学生を派遣することになりました。

オランダ語を既に習得していた武揚さんは、このメンバーに選ばれ留学します。
オランダでは、造船や航海術の他に、国際法なども学び、日本人で初めてモールス信号を習得したそうです。
そして、日本を発ってから約5年後、慶応3年(1867年)に幕府がオランダに発注した「開陽丸」に乗って帰国しました。

帰国してすぐに、「幕府海軍軍艦頭並」に就任し、開陽丸の船将に命じられました。
翌年に「戊辰戦争」が始まると、「海軍副総裁」となり実質的な幕府海軍のトップとなります。
「鳥羽伏見の戦い」で敗れた幕府軍を何とか立て直そうとした武揚さんに対して、総大将の徳川慶喜は武揚さん不在の開陽丸に乗って江戸へ逃走してしまいました。

仕方なく江戸へ戻った武揚さんは、陸軍総裁・勝海舟の「江戸無血開城」の支援をします。
品川沖の制海権を手中に収めていた武揚さんの幕府艦隊が「江戸を攻撃したら海軍で反撃する」という無言のプレッシャーを新政府軍に与えたと言われています。
「江戸無血開城」には、そんな背景があったんですね!

その後、武揚さんは新政府軍への軍艦引き渡しを拒否し、新政府軍に徹底抗戦するため旧幕臣と共に軍艦で北へ向かいました。
「奥羽越列藩同盟」を支援し、同盟の崩壊後は舞台を蝦夷地へと移しました。
箱館の五稜郭に入城すると、外国から実質上の独立政権と認められた「蝦夷共和国」を樹立します。
そして、日本初の公選選挙で最多得票を集め、「総裁」に選出されました。

ちなみにこの時、土方歳三は「陸軍奉行並」に就任しています。

五稜郭を拠点に戦った「箱館戦争」は、兵士の逃亡・戦費不足・弁天台場の降伏などをきっかけに、明治2年(1869年)5月17日、武揚さんが降伏勧告を受け入れ、終焉を迎えました。
1年半に渡った「戊辰戦争」の終わりでもあり、幕府勢力が新政府に屈した瞬間でもありました。

降伏後、武揚さんは投獄されます。
普通であれば極刑に処せられるところでしたが、国際感覚や造船、航海術、外国語などに長けた武揚さんの非凡さを買った黒田清隆などの助命活動により、一命を取り留めました
投獄されてから約2年半、“日本の近代化に榎本武揚は欠かせない人材である!ということで、何と前代未聞の特赦が発表され、さらに明治政府に出仕することとなりました。


新政府に出仕後は、「開拓使四等官」(≒県知事)に就任し、北海道で石狩川の水運開発や石狩湾新港の計画などを行います。
明治7年(1874年)には「駐露特命全権公使」となり、翌年「樺太千島交換条約」を締結させました。
その後は、海軍卿(きょう)、逓信(ていしん)大臣、農商務大臣、外務大臣、枢密(すうみつ)顧問官などの重職を歴任し大いに手腕を発揮しました。

中でも、郵便や通信を管轄した逓信省(ていしんしょう)では初代大臣を務め上げました。
郵便局のマーク『〒』の発案者は武揚さんとも言われています。
始めは、逓信省(Teisinnsyou)の頭文字の『T』にしようとなったんですが、世界で「T」は“料金不足”を表すことからマズいということになったそうです。
その時、武揚さんが「一本足して『〒』にしよう」と提案し、採用されたと言います。
逓信省(テイシンショウ)の頭文字の『テ』をデザイン化したものという意味合いもあるそうです。

また、意外なところで武揚さんの名前が登場します。
武揚さんはオランダで学んだ化学を得意とし、焼酎やロウソク、チョーク、石けん、メッキなど様々な製造方法を習得していました。
江戸に投獄中、その製法を書いたものを家族や親戚に書き送ったそうです。
その親戚の1人に福原有信という方がいました。
この方は、武揚さんの手紙で“石けん”の製造方法を学び、明治5年(1872年)、銀座に日本初の洋風調剤薬局「資生堂」を開いたと言います。
これが現在の「資生堂」の始まりだそうです。
ネットで「榎本武揚」と入力すると「榎本武揚 資生堂」と出てくるのは、化粧好きだったわけでなく、このためです。

そんな武揚さんは、明治41年(1908年)に亡くなります。
享年73でした。
義理人情に厚く、容姿端麗で女性からも人気のあった武揚さんの葬儀は盛大に行われ、多くの庶民が詰めかけたと言われています。
東京の新聞はこの葬儀を“江戸っ子葬儀”と報じたそうです。








 

wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル



過去の幕末タレント一覧

第21回 大隈重信

第20回 後藤象二郎

第19回 沖田総司

第18回 小松帯刀

第17回 松平容保

第16回 板垣退助

第15回 佐久間象山

第14回 桂小五郎(木戸孝允)

第13回 ペリー

第12回 近藤勇

第11回 岩倉具視

第10回 中岡慎太郎

第9回  徳川慶喜

第8回  大久保利通

第7回  吉田松陰

第6回  三条実美

第5回  勝海舟

第4回  土方歳三

第3回  高杉晋作

第2回  西郷隆盛

第1回  坂本龍馬