後藤象二郎


【幕末タレント名鑑「後藤象二郎」】

名前:後藤象二郎(ごとうしょうじろう)
所属:土佐藩→明治政府
出身地:土佐国高知城下片町(高知県高知市)
生年月日:天保9年3月19日(1838年4月13日)
没年月日:明治30年(1897年)8月4日
思想:公武合体




第20回は、大胆豪傑な土佐藩の舵取り役、後藤象二郎さん!

象二郎さんは、土佐藩の上士の家に生まれました。
11歳の時に実父を失ってからは、当代一の学識者であった義理の叔父、吉田東洋が父親代わりを務めたそうです。
その後、東洋の私塾「少林塾」で、板垣退助、岩崎弥太郎(やたろう)、福岡孝弟(たかちか)などと共に学びました。

特に、板垣退助とは親友同士で「いのす(猪之助=板垣)」、「やす(保弥太=後藤)」と呼び合う仲だったそうです。(この後、度々登場します)

東洋が土佐藩の参政となると、幡多郡奉行、普請奉行、近習目付に推挙され、藩の将来を担っていきました!
象二郎さんだけでなく少林塾の生徒たちは土佐藩の役職に取り立てられ、「新おこぜ組」と称される一大勢力となります。
“東洋による登用”ブームの最中、文久2年(1862年)に、武市半平太(たけちはんぺいた)が率いる土佐勤王党に東洋が暗殺され、職を解かれてしまいました。
これを機に、一時東京へ出て、航海術や蘭学、英学などを学んでいたそうです。

元治元年(1864年)、前藩主の山内容堂(やまうちようどう)による改革で、再び象二郎さんは大監察、参政に就き、土佐藩の政治を預かることとなりました!
容堂からは相当な信頼を得ていたようで、「象二郎」という名前も「吉田東洋に象(かたど)れ=写し取れ」ということで名付けられたとか。

藩の重職に就いた象二郎さんは、東洋を暗殺した土佐勤王党を弾圧後、新政策として西洋技術を導入し富国強兵を目指すための「開成館」や貿易機関である長崎の「土佐商会」などを設置しました。
また、長崎や上海などを視察し、海外貿易についての造詣を深めたと言います。
ちなみにこの時、象二郎さんに同行したのは通訳・翻訳家のジョン万次郎さんだったとか。

そして、長崎で亀山社中を主宰する坂本龍馬と交流を持つようになったのはこの頃!
視察などによって土佐藩の経済的&文化的な遅れを肌で感じ取った象二郎さんは、龍馬の協力によって藩の近代化に努めていきます。
龍馬が脱藩の罪を許されたのも、象二郎さんの計らいがあったからでした。

慶応3年(1867年)、象二郎さんは土佐藩を代表して、薩摩藩と「薩土盟約(さつどめいやく)」を結んだんですが、あくまで倒幕派の薩摩藩と徳川恩顧で公武合体派の土佐藩とは思惑が合わず盟約は解消されます。

その後、象二郎さんは龍馬が提案したという「船中八策」を基に「大政奉還」を徳川慶喜(よしのぶ)に提案し実現させました。
この一件に関して、「龍馬の手柄を横取りしやがって!」派もいらっしゃるんですが、土佐藩の下士である龍馬の意見をプライド高き容堂や将軍が受け入れることはないと見込んだ象二郎さんの機転だった、とも言われていますので、鼻息を荒くしないようにお願いいたします。

明治の新政府が樹立されると、象二郎さんは参与、工部大輔(こうぶたいふ)、左院議長、参議などを歴任しました。
ところが「征韓論」を巡る政争に敗れ、土佐に戻ります。(「明治6年政変」)
その後は、親友の板垣退助などと共に愛国党を結成し、民選議員設立建白書を提出しました。
自由民権運動にも参加するんですが、政府への協力に転じて、黒田内閣で逓信(ていしん)大臣、第二次伊藤内閣で農商務大臣を務めた後、59年の生涯を閉じることになります。

薩長と幕府の間に揺れた土佐藩の難しい舵取りを見事に全うした象二郎さんに関して、仲の良かった福沢諭吉は「非常大胆の豪傑・満天下唯一の人物」と大きく評価したとか。
大政奉還の当日に、緊張のあまり汗だくになったと言われる象二郎さんの実直さが周りの人たちを惹きつけたのかもしれません。

ちなみに、象二郎さんは日本人で初めてルイ・ヴィトンの鞄を購入した人物と言われています。
1883年、親友の板垣退助と共にフランスに渡り、パリのルイ・ヴィトンで110cmの大型トランクを買い求めたという記録が残っているそうです。

ルイ・ヴィトンと言えばモノグラムですが、これは実は日本の家紋が原型と言われています。
モデルとなったのは、何と徳川家と島津家の家紋!
幕末にその両家の間で土佐藩の舵取りをした象二郎さんが、そんなルイ・ヴィトンの鞄を愛用!
不思議な巡り合わせがあるものです。






 

wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル



過去の幕末タレント一覧

第19回 沖田総司

第18回 小松帯刀

第17回 松平容保

第16回 板垣退助

第15回 佐久間象山

第14回 桂小五郎(木戸孝允)

第13回 ペリー

第12回 近藤勇

第11回 岩倉具視

第10回 中岡慎太郎

第9回  徳川慶喜

第8回  大久保利通

第7回  吉田松陰

第6回  三条実美

第5回  勝海舟

第4回  土方歳三

第3回  高杉晋作

第2回  西郷隆盛

第1回  坂本龍馬