タウンゼント・ハリス


【幕末タレント名鑑「ダウンゼント・ハリス」】

名前:タウンゼント・ハリス
所属:アメリカ合衆国
出身地:ニューヨーク州ワシントン郡サンデーヒル

生年月日:1804年10月3日
没年月日:1878年2月25日
思想:開国






第24回は、独身&童貞を貫いた初代・駐日総領事、ハリスさんです!

学校で習った「日米修好通商条約」を日本と結んだハリスさんは、ペリーに次いで有名な幕末の外国人です。

家が貧しかったというハリスさんは、小・中学校を卒業すると、13歳から父の友人の呉服店で働き、後に家業の陶磁器輸入業を手伝い始めたそうです。
また、その仕事の合間を縫って図書館などに通って勉強し、何と独学でフランス語、イタリア語、スペイン語を習得しました。
この時の努力の貯蓄が外交官としてのハリスさんの礎となったことは間違いありません!

金銭的な理由で高等教育を受けられなかったハリスさんは、教育事業に目を向けます。
1846年に「ニューヨーク市・教育局長」となり、1847年に高等教育機関「フリーアカデミー」を創設しました。
これは誰でも教育が受けられる無料の学校であり、貧困層へのタダの教育が意味あるものなのかと周囲からの大反発があったと言います。
現在は「ニューヨーク市立大学」に発展し、数々のノーベル賞受賞者を輩出しています。

1848年になると、不況で家業をたたみ、新たに貿易業を始めました。
活動の拠点は東洋に移り、ニュージーランド、清国、フィリピン、インド、マニラなどを訪れます。
1853年には、日本への航海を予定していたペリーの艦隊に同乗しようとしたそうですが、軍人でないことから許可が降りなかったそうです。

東洋各地の事情通だったハリスは、1854年に寧波(にんぽー)の領事に任命され、1855年には米国大統領・フランクリン・ピアースから「初代・駐日総領事」に任命され、翌年に伊豆国・下田へ入港を果たしました。
下田の玉泉寺に領事館を構えたハリスさんは幕府との交渉を望みますが、尊王攘夷派の諸侯の反対などもあって、先延ばしに先延ばしだったそうです。

ところが1857年に、アメリカの砲艦が下田へ入港すると、江戸湾への直接乗り込みを恐れた幕府はハリスとの交渉に臨むことを決定しました。
持病の胃病で吐血することもあったハリスですが、このチャンスをものにしようと、江戸城へ登城し13代将軍・徳川家定に謁見して親書を読み上げています。
老中・堀田正睦(まさよし)に修好条約の重要性を説き続け、1858年7月に「日米修好通商条約」の締結にこぎつけました。

ハリスは日本に対して、非常に好意的だったと伝わっています。
日記には「日本人は喜望峰以東のいかなる民族よりも、優秀であることを繰り返していおう」と書いたり、「(下田は)家も清潔で日当たりがよいし、気持ちも良い。世界のいかなる土地においても、労働者の社会の中で下田におけるものよりも良い生活を送っているところは他にあるまい。」と書いたりしています。

また、牛乳が大好物だったそうで、下田へ来てからも牛乳を買い求めたそうです。
ところが、日本には牛乳を飲む習慣はありませんでした。
何とかして手に入れた牛乳は、8合8分(約15.84リットル)で1両3分88文(約4万円。貨幣博物館HPを参照。諸説あり)かかったそうです!
ハリスさん、何としても飲みたかったんですね。
周囲の日本人は「あんなものを飲んでるから、獣のように毛深いんだ」と噂をしたと言われています。

そんな牛乳好きのハリスさんにちなんで、領事館が置かれた玉泉寺には「牛乳の碑」が建てられ、下田の「平井製菓」さんには「ハリスさんの牛乳あんパン」が売られています。
こちら、人気ナンバーワン商品だそうです。
和風ロールケーキの「ペリーさんの下田まいまい」と「黒船ロール」もあるそうなので、併せてどうぞー。

条約締結の翌年、公使館を善福寺(東京都港区元麻布)に移したハリスさんは、1862年に辞任をしてアメリカへ帰国しました。
持病の悪化が原因だと言われています。
この辞任に対して幕府は、日本に好意的で紳士的だったハリスさんを何とかして引き留めようとしたそうです。
それでも辞任&帰国を決めたハリスさんに対して、老中を務めた安藤信正は「貴下の偉大な功績に対して何をもって報ゆべきか。これに足るもの、ただ富士山あるのみ」と感謝の意を述べたと言われています。
きっとハリスさんも幕府の方々も、この別れに胸がハリスける思いだったに違いありません。

帰国後は公職などに就かず、のどなか余生を暮したそうです。
1878年に74歳で亡くなったハリスさんは、敬虔な聖公会の信徒であったことから生涯独身&童貞を貫いたと言われています。

下田にいた時、体調の優れなかったハリスさんの世話役に、芸者の「お吉」が送り込まれるんですが、ハリスはこの役人のハニートラップにはまったく引っかかりませんでした。
また、日本に好意的だったハリスさんが唯一受け止められなかった日本の文化が“混浴”でした。
「私は、何事にも間違いのない国民が、どうしてこのように品の悪いことをするのか、判断に苦しんでいる」と日記に書いてあるそうです。
“英雄、色を好む”と言いますが、これだけ当てはまらない人物も実に珍しい!




 

wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル



過去の幕末タレント一覧

第23回 伊藤博文

第22回 榎本武揚

第21回 大隈重信

第20回 後藤象二郎

第19回 沖田総司

第18回 小松帯刀

第17回 松平容保

第16回 板垣退助

第15回 佐久間象山

第14回 桂小五郎(木戸孝允)

第13回 ペリー

第12回 近藤勇

第11回 岩倉具視

第10回 中岡慎太郎

第9回  徳川慶喜

第8回  大久保利通

第7回  吉田松陰

第6回  三条実美

第5回  勝海舟

第4回  土方歳三

第3回  高杉晋作

第2回  西郷隆盛

第1回  坂本龍馬