土方歳三


【幕末タレント名鑑 ハ行「土方歳三」】
名前:土方歳三(ひじかたとしぞう)
所属:新撰組→蝦夷共和国
出身地:武蔵国多摩郡(東京都日野市)

生年月日:天保6年5月5日(1835年5月31日)
没年月日:明治2年5月11日(1869年6月20日)
思想:佐幕

第4回は、末っ子バラガキ、土方歳三さんです!
歳三さんは、石田村の大きな農家の6人兄弟(10人兄弟とも)の末っ子として誕生しました。
どうやら、小さい頃はヤンチャし放題だったそうで、周りの人からは「バラガキ」(イバラの様に人を痛める乱暴な少年)と呼ばれたそうです。

その後、少し大人になったのか、実家の秘薬であった「石田散薬」(打ち身や切り傷などに効いたとか)を売り歩きながら、各地で剣術修行に励んだとか。
その後、知り合いのオススメで天然理心流に入門し、生涯の戦友である「試衛館(しえいかん)」の近藤勇(こんどういさみ)さんと出会いました。

そして、時は文久3年(1863年)2月!
ただの、多摩の末っ子バラガキだった歳三さんを歴史の表舞台へと一気に引き上げる出来事が起きました。
それが、「浪士組」の結成です。
将軍の徳川家茂(とくがわいえもち)が京都へ上洛する時の警備員として、各地の剣術自慢たちを募集したんです。
その求人に申し込んだのが、近藤さんや歳三さんを始めとした試衛館メンバーたちでした。

京都へ向かったメンバーは始めは「壬生浪士組(みぶろうしぐみ)」と呼ばれていたんですが、早速、文久3年(1863年)の「八月十八日の政変」で活躍し、新しい名前をもらいました。
それがご存じ「新選組」です!

結成後の歳三さんのバラガキっぷりがスゴイ・・・。
まず行ったのは、仲間の粛清です。
近藤グループのライバルだった、芹沢鴨(せりざわかも)さんをリーダーとする芹沢グループの失脚&暗殺を謀りました。
鴨さんの右腕的存在だったと言われる新見錦(にいみにしき)は切腹、鴨さんは泥酔させた時に自らの手で暗殺、と言った次第です。
このバラガキっぷりによって、新撰組内部は完全に近藤グループが掌握!
局長に近藤さんを置き、歳三さんは副長に就きました。

さらに歳三さんは、新選組隊士を厳しく統率するために独自のバラガキルールを作ります。
「一、士道二背ク間敷事」(武士道に背いてはいけない)で始まる鉄の掟「局中法度」です!
このルールの終わりはこう締めくくられます。
「右条々相背候者 切腹申付ベク候也」(背いたものは切腹)。
歳三さんのドSっぷりが炸裂するバラガキルールそのものなんです!
数々の戦いに参戦した新選組ですが、一番多かった死因は、ルール違反による切腹&暗殺だったとか・・・(笑)

時代は風雲急!慶応3年(1867年)!
6月に小さい頃からの夢だった幕臣(幕府の家臣)に取り立てられた歳三さんですが、10月には「大政奉還」、12月には「王政復古の大号令」が出されて、約260年続いた幕府は事実上崩壊してしまいました。
そして翌、慶応4年(1868年)1月3日から「戊辰戦争(ぼしんせんそう)」が勃発!


最新兵器を操る新政府軍(薩摩藩や長州藩など)に対して、刀で立ち向かう新選組はもちろん大惨敗・・・。
歳三さんはこの戦いを振り返って「戎器は砲に非ざれば不可。僕、剣を帯び槍を執り、一も用いるところなし。」(武器は鉄砲や大砲じゃなきゃダメだ。僕は剣や槍を持ったけど、一度も使わなかった)と語ったそうです。

その後の幕府軍は各地でも連戦連敗。
戦友の近藤さんは、新政府軍に捕えられ処刑されてしまいます。
一縷の望みをかけた歳三さんは、さらに北上し、最終的に蝦夷(えぞ=北海道)に渡ります。
そこで、同じく幕臣の榎本武揚(えのもとたけあき)を総裁とする「蝦夷共和国」の陸軍奉行並となりました。

この時の歳三さんのことを隊士は「温和で、母のように慕われていた」と振り返っています。
幾重もの修羅場を乗り越えた歳三さんは一種の悟りを開いたのでしょうか。
今までのバラガキっぷりは一切なくなっていたようです。

そして翌、明治2年(1869年)、新政府軍と蝦夷共和国の「箱館戦争(はこだてせんそう)」が本格的に開始されます。
歳三さんは弁天台場で指揮を執り、部下たちにこう言ったいいます。
「我、この柵にありて、退く者を斬る!」(俺はこの柵にいて、逃げる者を斬る!)
まだまだバラガキだった〜!!(笑)


その乱戦の中、歳三さんは腹部に銃弾を浴びて討ち死にしたといいます。
享年35。
辞世の句は「よしや身は 蝦夷が島辺に朽ちぬとも 魂は東(あずま)の君やまもらむ」だったと伝わります。
人を痛め傷つけると言われた少年がどうしても守りたかったもの、それは「東の君」、自分を小さい頃からの夢だった武士に取り立ててくれた「徳川家」だったのかもしれません。




wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル


(新選組のふるさと歴史観の撮影コーナーにて、土方さんになりきっているヨシテル氏をこっそり掲載。)

過去の幕末タレント一覧

第3回  高杉晋作

第2回  西郷隆盛

第1回  坂本龍馬