岩倉具視


【幕末タレント名鑑 「岩倉具視」】

名前:岩倉具視(いわくらともみ)
所属:朝廷→明治政府
出身地:山城国(京都府)

生年月日:文政8年9月15日(1825年10月26日)
没年月日:明治16年(1883年)7月20日
思想:公武合体→尊王・攘夷


第11回は、公家の大親分、岩倉具視さんです!

公家の堀河家の次男として生まれた具視さんは、小さい頃から異彩を放っていたといいます。
ナヨっとした言動をするお公家さんのイメージとは真逆で、あいまいな発言はなしで何でもズバッと指摘、写真を見ても伝わってくるイカツイ外見を持っていました。
周りの公家の子女からは「岩吉(いわきち)」と呼ばれていたそうです。

そんな具視さんは、儒学者の先生の下へ入門するのですが、先生はすぐに「これは大器の人物!」と見抜いたそう。
先生に岩倉家への養子へ勧められ、天保9年(1838年)に岩倉具慶の養子となり、元服して昇殿を許され、朝廷へ出仕することとなりました。

出だし順調に見える具視さんですが、実は公家の中の身分は下級で、家計も苦しく貧乏生活を送っていたといいます。
「何か出世のチャンスはないか・・・」と窺っていた具視さんに、とあるチャンスが訪れました。
嘉永6年(1853年)にペリーが来航し、翌年に幕府は「日米和親条約」を結びました。
さらに、安政5年(1858年)には、貿易のルールを定める「日米修好通商条約」を結ぼうとしたのですが、まさにこれが具視さんにとっての大チャンスだったわけです!

外国に対して弱気で優柔不断な幕府の権威は徐々に下がりつつあったので、これを機に朝廷、そして自分の立ち位置をグイッと上げようとしたんです。
具体的には、幕府が朝廷に求めてきた条約の勅許(=天皇の許可)の反対活動をしました。
公家の仲間を引き連れて、総勢88名で座り込みの「廷臣(ていしん)八十八卿列参事件」という大デモ活動!
これが効果てき面で、天皇から条約の勅許は下りず、幕府の老中は責任を取って辞職。
まさに具視さんの政治活動デビューは大成功だったわけなんです。

ところが!
大老の井伊直弼(いいなおすけ)が勅許の有無はお構いなしに、条約を結んでしまうという予想外の事態が発生しました。
もちろん、その後の朝廷と幕府の関係は最の悪!
さらに、井伊直弼が「安政の大獄」という大弾圧を始めたので、幕府と仲の悪い朝廷にも弾圧が拡大してくる可能性が出てきました。
そんな朝廷のピンチを憂えた具視さんは、幕府の京都所司代や伏見奉行を対談し、朝廷と幕府の間を懸命に保とうとしました。
(きっと具視さんは、この朝廷のピンチを自分の名を上げるチャンスと捉えていたと思うんですよね〜)

安政7年(1860年)「桜田門外の変」で井伊直弼が暗殺されると、幕府の意見は公武合体へとガラッと変わりました。
その一環として、皇妹の和宮(かずのみや)を将軍の徳川家茂(いえもち)への降嫁を持ち出してきました。
この意見に具視さんは賛成して計画を推進し、文久元年(1861年)の降嫁の際には孝明天皇の勅使として江戸城へ向かい老中と面談するなど、かつての貧乏公家がいつの間にか朝廷の重きを成していました。

ところが、好事魔多し!
公武合体派の公家として活躍していた具視さんでしたが、時代の流れは“尊王攘夷”へと変わっていってしまったんです!
幕府との仲を保とうとしていた具視さんは、京都の尊王攘夷派からは「幕府と仲良くしている佐幕派の姦物(かんぶつ)だ!」と大非難を浴び、文久2年(1862年)に辞職・蟄居・辞官・出家というカルテットパンチを食らうことになってしまいました。

ここから具視さんは歴史の表舞台から消えます、ずいぶん消えます。
約5年の間、西芳寺(西京区)や岩倉村(左京区:旧宅が現存)で謹慎生活を送りました。
実はそこでこっそりと坂本龍馬や中岡慎太郎、桂小五郎、西郷隆盛、大久保利通たちと交流をして、幕府寄りだった意見が180°代わり、“倒幕”へと変わっていったとか。

再度表舞台に出てくるのは、慶応3年(1867年)の12月。
既に1ヵ月前に「大政奉還」が行われた幕末の佳境でした。
ここで具視さんは、しぶとく中央政権に残ろうとする幕府を完全に駆逐するためにある計画を実行に移しました。
12月9日に「王政復古の大号令」を実現し、「小御所会議」で徳川慶喜(よしのぶ)の辞官納地(=辞職と領地返上)を決定させる大仕事を果たしたんです。

翌・明治元年に「鳥羽伏見の戦い」を機に「戊辰戦争」へ突入しました。
新政府の最高位だった具視さんは、京都にいる諸大名を集めて「帰国したい者は帰国せよ。大阪に行きたい者は行け。勤王の意思がある者はその旨、明日までに誓書にせよ」と一喝したといいます。
ひるんだ諸大名はこぞって誓書を出し新政府側へ付いたそうです。
これによって、戊辰戦争の勝利をグッと引きつけたとも言われています。

具視さんは、新政府のトップとして宮中の改革などを行い、明治4年(1871年)には条約改正へ向けた「岩倉使節団」に、外務卿である具視さん自ら特命全権大使として参加しました。
木戸孝允(きどたかよし)や大久保利通、伊藤博文などを副使として2年近く欧米諸国を巡り、激しいカルチャーショックを受けて帰ってきたといいます。
アメリカの文明近代国家ぶりは想像を軽く超えていたようで「殷富(いんぷ)を進むるにおいて意想の外を出るに驚嘆」と残したとか。
帰国後は西郷隆盛らの「征韓論」に反対し、不満を持った士族に「赤坂喰違(くいちがい)の変」で暗殺されかける大事件もありましたが、ひるまずに国内強化に励みました。
特に鉄道が大事だと感じた具視さんは、日本鉄道会社(現在はJR東日本が継承)の設立を急いだそうです。
現在の上野の岩倉鉄道学校は、鉄道界の恩人である具視さんが名前の由来だとか。

そんな具視さんは、元々王政の復古が目標でしたので、明治8年(1875年)の「立憲政体の詔書」には一旦反対します。
ところが、「自由民権運動」の高まりもあったので、憲法制定と国会設立の重要性を感じ、伊藤博文に実現を託し、憲法研究のために伊藤をヨーロッパへ派遣しました。

それに前後して、旧大名家や旧公家の地位擁護を図り皇室基盤の強化を目指した具視さんですが、明治16年(1883年)に喉頭ガンの告知を受け、天皇の見舞いの翌日の7月20日に亡くなり、7月25日に国葬が執り行われました。
享年59。
日本初のガン告知で、日本初の国葬だと言われています。



wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル