松平容保


【幕末タレント名鑑「松平容保」】

名前:松平容保(まつだいらかたもり)
所属:会津藩
出身地:江戸四谷(東京都新宿区)

生年月日:天保6年12月29日(1836年2月15日)
没年月日:明治26年(1893年)12月5日
思想:佐幕




第17回は、徳川将軍家の守護者、松平容保さんです!

"いや、下の名前何て読むの!?”でおなじみの容保さんは、昨年の大河ドラマ「八重の桜」で綾野剛さんが演じて一躍有名になったお方です。
美濃国高須藩(岐阜県海津市)の松平義建(よしたつ)の六男として生まれ、弘化3年(1846年)に叔父の会津藩主・松平容敬(かたたか)の養子となり、嘉永5年(1852年)に16歳で家督を継ぎました。

泰平の世だったら、会津の起き上がり小法師を眺めながらゆったり暮らす人生だったかもしれませんが、幕末という時代はそれを許しませんでした。
会津藩主となった翌年にはペリーが来航し日本は鎖国という眠りから目を覚まし、国内は開国・鎖国・佐幕・尊王・攘夷など様々かつ複雑な思想がぶつかり始めました。

そんな最中起きたのが、安政7年(1860年)「桜田門外の変」!
水戸浪士が起こしたこの事件に対して、幕府を始めとした諸侯は水戸藩討伐を行おうとするのですが、容保さんは断固反対し、幕府と水戸藩の調停に尽力しました。
実は容保さんの先祖は徳川家康の11男で初代水戸藩主の頼房(よりふさ)なので、「自分のルーツである水戸藩を救おうと」一役買ったのかもしれません。

時代はさらに混迷を極め、外様大名であった薩摩藩の国父・島津久光が強引に幕府の政治改革を迫り「文久の改革」が断行されます。
この時に問題になったのが“京都の治安”の件!
京都には過激な尊王攘夷派が集まり、「天誅(てんちゅう=要人暗殺)」が繰り返されるなど治安の悪化が深刻になっていました。
そのため「京都守護職(きょうとしゅごしょく)」という新しい役職が作られました。

この貧乏くじ的な役職を振られたのが、今日の主役の容保さんなんです。
もちろん容保さんを始め、会津藩士一同で大反対!
外国船への備えで浦賀や蝦夷地の警備も担当していた藩の財政は大赤字でした。
さらに、遠い地である京都へ行くなんてどう考えてもムリなわけなんです。

断固拒否の容保さんに対して、政治総裁職に就任していた松平春嶽(しゅんがく)は、会津藩の祖である保科正之(ほしなまさゆき)が残した家訓(かきん=会津藩の掟)の第一条を持ち出します。

■第一条
「将軍家に忠勤を励みなさい。もし裏切るような藩主がいれば、それは私の子孫ではないので、家臣たちは従わなくて良い」(意訳)

「それ今言うのズルくない!?」と思ったに違いありません!
春嶽に押し切られる形で容保さん守護職の就任を受けることになりました。
就任が決まった際、江戸藩邸の君臣は「これで会津藩は滅びる」と、肩を抱き合って声を上げて泣いた、と言われています。

兵を率いて上洛した容保さんは、佐幕派の筆頭として反幕府的な活動をする尊王攘夷派を徹底的に弾圧しました。
文久3年(1863年)「八月十八日の政変」や元治元年(1864年)「禁門の変」で尊攘派の長州藩を京都から駆逐!
新撰組など新たな戦力を配下に加え、京都の治安維持に尽力しました。
その活躍は孝明天皇から絶賛され、宸翰(しんかん=天皇直筆の手紙)や御製(ぎょせい=天皇の和歌)をコッソリ下賜されるほどでした。
何でも、ほっそりした顔つきで貴公子風なイケメンだった容保さんは、京都の女性から人気があって、宮中に参内した時は女官だちがざわめき立ったとか。

さて、容保さんの活躍で一度は盛り返したように見えた幕府の支配力は、やっぱりもう限界!
慶応2年(1866年)の「第二次長州征討」の途中に14代将軍・徳川家茂(いえもち)が死去し、15万の幕府軍はわずか4000の長州軍に敗れてしまいました。
そして、慶応3年(1867年)には、跡を継いだ15代将軍・徳川慶喜(よしのぶ)は「大政奉還」を行い、約260年続いた江戸幕府は消滅してしまいます。
さらに、「王政復古の大号令」により、旧幕府勢力は政治の中心から除外され、容保さんも京都守護職をクビになってしましました。

その後、慶応4年(1868年)、新政府と旧幕府軍による「戊辰戦争」が起こります。
容保さん率いる会津藩は、旧幕府軍の重鎮であったことや、京都で尊王攘夷派の激しい弾圧をされたことから、新政府軍に激しく敵視され“朝敵”と位置付けられてしましました。
白虎隊を始めとした多くの悲話が語り継がれる「会津戦争」では容保さんは若松城(鶴ヶ城)に籠り、約1ヵ月の籠城戦を繰り広げた後、新政府軍に降伏をします。

降伏の場には赤い絨毯(じゅうたん)が敷かれ、容保さんはその上で調印をしました。
「朝廷や幕府に忠節を尽くした会津藩が、なぜ逆賊の汚名を着せられるのか!」
会津藩士は怒りと悲しみに震えたといいます。
この時の無念さを忘れぬよう、赤い絨毯を小さく切り刻んで持ち帰ったそうです。
この布は「泣血氈(りゅうけつせん)」と呼ばれ、現在も残っています。

戊辰戦争後は謹慎生活を送った容保さんですが、明治5年(1872年)には謹慎が解かれ、明治13年(1880年)からは日光東照宮の宮司を務めました。
明治26年(1893年)、享年59でこの世を去った容保さんは、かつて孝明天皇から下賜された宸翰と御製を死ぬまで手放さなかったそうです。

明治8年(1875年)頃、不遇な容保さんを気の毒に思った兄の尾張徳川家の徳川慶勝は、家督を容保さんに譲ろうとしたといいます。
容保さんはこれを固辞しました。
この時のことを語った容保さんの言葉が残っています。
「私のために一命を落とした者は三千人に上るだろう。全て私の不徳からなったものにも関わらず、私だけの栄華のために会津を捨てて他家を相続するなど、全く思いもよらぬことだったのだ」(意訳)

女官じゃなくてもざわめき立つイケメンさ!


 

wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル



過去の幕末タレント一覧

第16回 板垣退助

第15回 佐久間象山

第14回 桂小五郎(木戸孝允)

第13回 ペリー

第12回 近藤勇

第11回 岩倉具視

第10回 中岡慎太郎

第9回  徳川慶喜

第8回  大久保利通

第7回  吉田松陰

第6回  三条実美

第5回  勝海舟

第4回  土方歳三

第3回  高杉晋作

第2回  西郷隆盛

第1回  坂本龍馬