近藤勇


【幕末タレント名鑑 「近藤勇」】

名前:近藤勇(こんどういさみ)
所属:新撰組→甲陽鎮撫隊
出身地:武蔵国多摩郡上石原村(東京都調布市野水)

生年月日:天保5年10月9日(1834年11月9日)
没年月日:慶応4年4月25日(1868年5月17日)
思想:佐幕


第12回は、泣く子も黙る新撰組局長、近藤勇さんです!

生まれは豪農・宮川家の末っ子の三男坊でかわいがられ、小さい頃から父に「三国志」や「水滸伝」を読み聞かせてもらっていたそうです。
嘉永元年(1849年)に天然理心流剣術道場の試衛館(しえいかん)に入門して、3代目宗家の近藤周介に才能を見出され、近藤家の養子となり、文久元年(1861年)に4代目として宗家を継ぎました。

何でも、近藤さんが跡取りとなる決め手は、15歳の時、家に忍びこんだ強盗を見事に撃退して評判となったことだそうです。
どっちかと言うと、強盗に同情しちゃいますね(笑)

さて、文久3年(1863年)、近藤さんの運命が変わります。
江戸幕府第14代将軍・徳川家茂(いえもち)の上洛の警護役として、「浪士組」が募集され、試衛館のメンバーと共にそれに参加することにしたんです。
京都へ上った近藤さんは、京都守護職・松平容保(かたもり)の支配下に属して「壬生浪士組(みぶろうしぐみ)」を名乗って治安維持に務めました。
そして、同年に起きた「八月十八日の政変」での活躍が認められ、「新撰組」の名を下賜されることとなりました。

それに前後して、結成当初からの隊内の派閥争いも、芹沢鴨(せりざわかも)暗殺でひとまず落ち着き、近藤勇&副長・土方歳三グループが隊を束ねるになりました。
新撰組の歴史は粛清の歴史と言われるほどに、内部の揉め事が多かったんです。
戦いで亡くなった隊士よりも、粛清&切腹で亡くなった隊士の方が多かったとも言います。
その大きな要因となったのが、土方歳三が制定した鉄の掟「局中法度」というわけです。

さて、新撰組は翌年、歴史の表舞台に一躍踊り出ます。
元治元年(1864年)の「池田屋事件」です。
過激な尊王攘夷派の陰謀を事前に察知し、浪士が潜伏していた旅館の池田屋を襲撃して壊滅させました。
そして、朝廷と幕府から感謝状と褒賞金をたまわることになったんです。
まさに、新撰組&近藤さんの絶頂期だったに違いありません!

ところが、ここからどうも雲行きが怪しくなっていきます。
新撰組の参謀だった伊東甲子太郎(かしたろう)が脱退し、新撰組とは別の考えを持った「御陵衛士(ごりょうえじ)」を結成しました。
新撰組結成当初の隊士であった藤堂平助(とうどうへいすけ)や斎藤一(さいとうはじめ)なども、それに加わってしまいました。
困った近藤さんは、慶応3年(1867年)、甲子太郎を泥酔させ暗殺し、さらに甲子太郎の配下も誘き出し暗殺しました。(「油小路の変」)

もちろんこれで物事は収まりません!
近藤さんは、怒った御陵衛士の残党に右肩を狙撃され重傷を負ってしまいました。
血で血をウォッシュなわけですが、この隊の内紛と同時期に起きていたのが「大政奉還」や「王政復古の大号令」などなど!
風雲急の幕末に、そんなことをしている場合ではなかったのです。

そして、慶応4年(1868年)に「鳥羽伏見の戦い」を発端とした「戊辰戦争」が起こります。
この時、近藤さんは先日の右肩のケガが影響で大坂城にて治療中。。。
得意な剣術で挑んだ新撰組は、薩長軍の大砲の前になすすべなく惨敗し、結成当初からの隊士の井上源三郎(げんざぶろう)を失ってしまいました。

近藤さんは江戸に戻り、幕臣となり大久保剛に改名し、新撰組を「甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)」として再編成しました。
何とかして体制を整えようとした近藤さんでしたが、「甲州勝沼の戦い」で隊士が次々脱走し大敗。
さらに、意見が対立して、結成メンバーだった永倉新八(しんぱち)や原田左之助(さのすけ)が脱退してしまいました。

その後、下総国流山(千葉県流山市)に移った近藤さんは新政府軍に包囲され出頭します。
その際、偽名を使って切り抜けようと思ったのですが、運悪く、薩摩藩の兵士となっていた「御陵衛士」の元隊士・加納鷲雄(かのうわしお)に正体を見破られてしまいました。
近藤さんはここにきて、油小路の変のリベンジを果たされてしまったわけです。
そして、慶応4年(1868年)4月25日、板橋刑場(東京都板橋区)で斬首に処されました。
享年35。
首は、新撰組が名を馳せた池田屋に程近い、京都の三条河原にさらされました。
その後の首の行方は不明だそうです。
一道場の師範が浪士として京都へ上ってから、たった5年の出来事でした。






wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル