沖田総司


【幕末タレント名鑑「沖田総司」】

名前:沖田総司(おきたそうじ)
所属:浪士組→新撰組
出身地:江戸白河藩屋敷(東京都港区西麻布)

生年月日:天保13年(1842年)? 天保15年(1844年)?
没年月日:慶応4年5月30日(1868年7月19日)
思想:佐幕




第18回は、新撰組の最強天才隊士、沖田総司さんです!

幕末の人物の中でもトップクラスの人気を誇る沖田さんは、天保13年(1842年)もしくは天保15年(1844年)に、白河藩士・沖田勝次郎の長男として生まれたそうです。
少年の頃から江戸市谷にあった天然理心流の道場「試衛館」で剣術を習い始めました。
剣術の才能は超一流!
10代で免許皆伝され、師範代を務めるほどだったと言います。

文久3年(1863年)、剣に生きる沖田さんの運命を大きく変える出来事が起きました。
上洛する将軍を護衛する「浪士組」に、試衛館メンバーの一員として参加することになったんです!

浪士組は後に「新撰組」を名乗り、会津藩の下で京都の治安を守る役割を果たします。

沖田さんは“猛者の剣”、“局中第一等の剣客”、“師匠の近藤もやられる”、“天才的剣法者”と称されるほどの実力者ということもあり、担当したのは新撰組の一番隊・隊長(組長)でした!
元治元年6月5日(1864年7月8日)の「池田屋事件」では、局長の近藤勇、永倉新八、藤堂平助(諸説あり)と共に尊王攘夷派を襲撃します。
この時、沖田さんは尊攘派の浪士を斬った後、“持病の肺結核が原因で喀血して戦線離脱した”と言われています。
ドラマや小説だと必ず描かれるシーンです。

ちなみに、沖田さんが初めて人を斬り殺したことを記す記録は、文久3年3月24日(1863年5月11日)の“殿内義雄の暗殺”だそうです。
この殿内という人物は、実は浪士組のメンバーの1人。
近藤派が実権を握るために、沖田さんが手をかけたそうです。
また、浪士組の筆頭局長だった“芹沢鴨の暗殺”の実行犯とも言われています。
どちらも、たらふく酒を飲まされ泥酔していたところを狙ったそうです。

新撰組は、浪士組の頃から度々内部粛清が繰り返されます。
戦いでなくなった隊士よりも、粛清で亡くなった隊士の方が多いほどなんです。
暗殺だけでなく切腹をさせることもあり、その時の介錯は沖田さんが担当したことが多かったとか。
総長・山南敬助の介錯がその代表として知られています。
幕末の人斬りというと、土佐の岡田以蔵などが有名ですが、沖田さんもそれに匹敵する一面を持っているのかもしれません。

剣を持ったら容赦のない沖田さんですが、普段は冗談ばかり言って、近所の子供たちと遊んで、常に笑顔を絶やさない陽気な好青年だったとか。
ヤンチャ者が多い新撰組にあって、お酒も苦手で恋愛にも奥手だったと言います。
ある日、道場の手伝いをしていた女性に告白をされると「私はまだ修行中の身ですので」と断ったとか。
近藤勇や土方歳三などの様な遊女などとのスキャンダルはなかったようです。

「池田屋事件」などで活躍した沖田さんですが、その後は持病が悪化し徐々に第一線で活躍することができなくなっていきました。
慶応4年の「鳥羽伏見の戦い」には参戦できず、敗戦後は隊士と共に江戸へ向かいます。
新撰組は名前を「甲陽鎮撫隊」に変更し甲府城を目指しました。
沖田さんもこの隊に加わるのですが、ここでも持病が原因で途中離脱することを余儀なくされました。

何としても一緒に戦いたかった沖田さんは、日野宿の佐藤彦五郎(新撰組のパトロン)の家で、健在をアピールするために元気に四股を踏んだと言われています。
東京都日野市にある日野宿脇本陣には、“沖田総司が四股を踏んだ”と言われる式台が現存しています。

残念ながら江戸へ戻ることになった沖田さんは、千駄ヶ谷の植木屋に身を置きます。
療養中のある日、沖田さんは庭に黒猫を1匹見つけました。
これを斬ろうとしたが、幾度も失敗!
「ああ、俺は斬れない。。。俺は斬れない。。。」と悲痛な叫びをあげて倒れてしまったそうです。
翌日、「あの黒い猫は来ているだろうなぁ。。。」と言って亡くなったと言います。
享年25、もしくは27だったと言われています。

沖田さんが亡くなる2ヶ月前に、師匠の近藤勇は新政府軍に処刑されているのですが、病床にいる沖田さんには全く知らされてなかったとか。
死ぬ間際まで「先生はどうされたのでしょうね。お便りは来ませんか?」と最期の最期まで、師匠を気にする言葉を残していたと伝わっています。
そして、師匠の死を知らないまま生涯を閉じたそうです。




 

wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル



過去の幕末タレント一覧

第18回 小松帯刀

第17回 松平容保

第16回 板垣退助

第15回 佐久間象山

第14回 桂小五郎(木戸孝允)

第13回 ペリー

第12回 近藤勇

第11回 岩倉具視

第10回 中岡慎太郎

第9回  徳川慶喜

第8回  大久保利通

第7回  吉田松陰

第6回  三条実美

第5回  勝海舟

第4回  土方歳三

第3回  高杉晋作

第2回  西郷隆盛

第1回  坂本龍馬