山内容堂


【幕末タレント名鑑「山内容堂」】

名前:山内容堂
所属:土佐藩
出身地:土佐国高知城下(高知県高知市)

生年月日:文政10年10月9日(1827年11月27日)
没年月日:明治5年6月21日(1872年7月26日)

思想:尊王・佐幕




第27回は、年がら年じゅう鯨海酔侯(げいかいすいこう)、山内容堂さんです!

幕末の土佐と言えば、坂本龍馬や中岡慎太郎、板垣退助などの志士たちが有名ですが、その土佐の殿様こそ、今回の主人公である容堂さんです!
自らを「歳酔(さいすい)三六〇回、鯨海酔侯(≒1年中酔っている、土佐の大酒飲み)」と称した容堂さんの生涯を振り返ってみようと思います。

容堂さんは元々、土佐藩主・山内家の分家の長男として生まれたので、藩主となる予定ではありませんでした。
ところが、13代・豊熈(とよてる)、14代・豊惇(とよあつ)が相次いで急死してしまったため、嘉永元年(1848年)に容堂さんが15代藩主となりました。
それまで土佐藩を牛耳っていた勢力を嫌った容堂さんは、吉田東洋を代表とする革新派のグループを登用し、藩政改革を行っていきます。

嘉永6年(1853年)のペリー来航の後には、「外交意見書」を幕府へ提出し、幕政でも存在感を出していきました。
将軍継嗣問題では「幕末の四賢侯(山内容堂、松平春嶽、伊達宗城、島津斉彬)」の1人として一橋慶喜(後の徳川慶喜)を推しますが、徳川慶福(後の徳川家茂)を推す大老・井伊直弼のグループに敗れ、幕政から閉め出されてしまいます。(「安政の大獄」)
隠居&謹慎を命じられた容堂さんは、藩主の座を弟に譲ることになってしまいました。

この謹慎中に土佐藩では大きな動きがありました。
藩政にクーデターが起き、土佐勤王党と呼ばれる尊王攘夷派グループが台頭してきたんです。
容堂さんが重用した東洋は勤王党の一味に暗殺され、藩政は尊攘派が握ることになりました。

ところで容堂さんは、佐幕派?尊攘派?公武合体派?倒幕派?うどん派?そば派?
これがいまいちわからなんですよね。
この掴みどころのないところが容堂さんの魅力の1つであると思います。
山内家は徳川家康に土佐藩主に取り立ててもらった恩が幕府にはあるけど、自分は熱心な尊王論者という次第でした。
周りから見ればどっちつかずの言動は「酔えば勤王、覚めれば佐幕」と皮肉られたといいます。

さて、文久2年(1862年)に謹慎が解けると、尊攘派が台頭する中、公武合体を推進していきました。
翌年に「八月十八日の政変」が起き長州藩を筆頭とする尊攘派が崩壊していくと、土佐藩の尊攘派である土佐勤王党を大弾圧していきます。
トップである武市半平太(たけちはんぺいた)を切腹させ、“人斬り以蔵”で知られ「るろうに剣心」の主人公のモデルの1人である岡田以蔵を打ち首にするなど、勤王党を崩壊させました。

公武合体派の理想形とも言われる「参預会議」のメンバーに選ばれますが、気分屋の容堂さんは仮病で度々欠席してしまいます。
結局、意見の不一致が重なりこの会議は瓦解し、公武合体派はまとまりを欠いた状態となりました。
この4年後「四侯会議」が開かれますが、こちらもすぐに崩壊しています。

何とかして幕府を残した形の政治体制を目指した容堂さんですが、幕府の力の衰えと共に時代は倒幕へと傾いていきます。
容堂さんが会ったこともない土佐藩の脱藩浪士が、犬猿の仲であった薩摩と長州をくっつけてしまう始末でした。
さらに、武力倒幕のための「薩土密約(さっとみつやく)」を板垣退助が薩摩藩と結び、容堂さんの心中にはそぐわない方向へと進んでいってしまいました。

しかし、ここで後藤象二郎を介して切り札が容堂さんの手元に入ってきます!
坂本龍馬が起案したと言われる「船中八策」です。
「幕府を救うには政権を朝廷に返上するしかない!」と将軍となっていた徳川慶喜に進言し、見事に「大政奉還」が成し遂げられることになりました。

こうして徳川家を存続させることに成功したかのように見えましたが、慶応3年(1867年)12月の「小御所会議」が開かれ徳川家は辞官納地(≒職を辞して領地返上)が命じられてしまいます。
「薩摩や長州を始めとする倒幕派の陰謀である!」と論破しようと会議に臨んだ容堂さんですが、岩倉具視に逆に論破されてしまいます。
原因は、この時容堂さんが泥酔状態だったから!
酔った勢いで天皇のことを「幼沖(ようちゅう=幼少)」と失言してしまい、それを岩倉に激しく指摘され全く言い返せなくなってしまったそうです。


慶応4年(1868年)1月3日に「戊辰戦争」が勃発し、倒幕が実行されました。
容堂さんは兵を率いて上洛したものの、自身は直接参加しませんでした。
明治維新を迎えると内国事務総裁という官職に就任しますが、すぐに辞任して隠居生活を送る道を選びます。

隠居生活というと、枯山水の庭園を見ながら長年連れ添った奥さんとお茶をたしなむ・・・、みたいな生活を想像しますが、容堂さんは一味も二味も違いました!
容堂さんは、妾を10人以上囲って、毎日毎日酒浸り!
「昔から大名が倒産した例しはない!俺が先鞭をつけてやろう!」と豪語していたといいます。

そんな容堂さんのことを辛口批評家の勝海舟は、こう評したといいます。
「天資豪愛(てんしごうあい=天性の豪快さと愛情)、襟懐洒落(きんかいしゃれ=心の中はしゃれている)、真に英雄の資を備ええておられた」
意外に高評価!
酒や女だけでなく詩を愛し、あらゆる武芸を極めていたと言われる多才性に海舟も魅了されたのかもしれません。

明治5年(1872年)、長年の飲酒が原因でしょうか、脳溢血で倒れてそのまま息を引き取りました。
明治維新後、土佐を代表して新政府を牽引する人物となりえた武市半平太を切腹に追い込んだことを何度も何度も悔いていたといいます。
自身の気まぐれで周囲の混乱を招いたようにも取れる容堂さんですが、土佐藩士であった板垣退助は「容堂公はどの党派にも動かされず、ご自身の意見を自分でやったのだ。これが土佐の国の今日あるゆえんだ」と語ったそうです。

容堂さんは、“幕末の人物”というより、したたかな“戦国武将”だったのかもしれません。
“戦国時代に山内容堂がいたら”と考えると、妄想が尽きず、良い肴になるものです。







 

wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル



過去の幕末タレント一覧

第26回 伊達宗城

第25回 松平春嶽

第24回 ダウンゼント・ハリス

第23回 伊藤博文

第22回 榎本武揚

第21回 大隈重信

第20回 後藤象二郎

第19回 沖田総司

第18回 小松帯刀

第17回 松平容保

第16回 板垣退助

第15回 佐久間象山

第14回 桂小五郎(木戸孝允)

第13回 ペリー

第12回 近藤勇

第11回 岩倉具視

第10回 中岡慎太郎

第9回  徳川慶喜

第8回  大久保利通

第7回  吉田松陰

第6回  三条実美

第5回  勝海舟

第4回  土方歳三

第3回  高杉晋作

第2回  西郷隆盛

第1回  坂本龍馬