吉田松陰


【幕末タレント名鑑 「吉田松陰」】

名前:吉田松陰(よしだしょういん)
所属:長州藩
出身地:長門国松本村(山口県萩市)

生年月日:文政13年8月4日(1830年9月20日)
没年月日:安政6年10月27日(1859年11月21日)
思想:尊王・攘夷・倒幕


第7回は、志士たちのクレイジーティーチャー、吉田松陰先生です!


今年の大河ドラマは『軍師官兵衛』で盛り上がっていますが、来年の大河の主人公は、この吉田松陰先生!の「妹さん」です。
とは言え、松陰先生もきっとキーマンになるでしょうから、さらっと予習をしておきましょ〜。


このお方は、松陰“先生”と呼ばれることが多いんです。
これは自分の塾を開いて幕末や明治を引っ張っていった志士たちを育てたからなんです。
その塾が「松下村塾(しょうかそんじゅく)と言って、OBには「伊藤博文(いとうひろぶみ)」や「高杉晋作(たかすぎしんさく)」、「山県有朋」など錚々たる生徒がいました。


そんな松陰先生は、小さい頃から超優秀!
わずか9歳の時に藩校「明倫館(めいりんかん)」で講義を行い、11歳の時には、長州藩主の「毛利敬親(たかちか)」の前で講義を行いました。
この時、臆することなく山鹿流「武教全書」の戦法編を見事に講じ、「松本村に天才あり!」と萩城下で大評判になったとか。


その後、自分が学んできた「山鹿流(やまがりゅう)」が時代遅れじゃないかと察し、嘉永3年(1850年)、九州で遊学後、江戸で蘭学や砲術に詳しかった「佐久間象山(さくましょうざん)」に弟子入りします。
この門弟には、「勝海舟(かつかいしゅう」や「坂本龍馬(さかもとりょうま)」、「橋本左内(はしもとさない)」など、こちらにも錚々たるメンバーがいました。


嘉永5年(1852年)になると、松陰先生は友人の「宮部鼎蔵(みやべていぞう)」と東北への旅を企画します。
当時は旅に出る時、藩が出す手形の発行を待たなくてはいけなかったそうなんですが、松陰先生はそれを待たずに出発します!
理由は「友人と約束した出発日に間に合わせるため」でした。
江戸へ帰ってきて待っていたのは、侍の身分の剥奪と給料没収だったとか(笑)。


そして、翌・嘉永6年(1853年)、「ペリー」が浦賀にやってきました。
黒船を師匠の佐久間象山と見た松陰先生が決意したのは“外国留学”!
もちろん、鎖国の時代に許されるわけはないのですが、ここで過激な行動に出ます。


まずは、長崎に来ていたロシア軍艦に勝手に乗船を計画!
船が予定より早く出てしまったため失敗・・・!


次に、安政元年(1854年)に再航したアメリカ軍艦に密航を計画!
当然、乗組員に拒否され失敗・・・!


その後、なぜか自首(笑)。
故郷の萩の牢に投獄されてしまいました。


その後、牢獄を出ることを何とか許され、叔父の塾を引き継ぎ開塾します。
これが有名な「松下村塾」です!
約2年間、ここで教鞭を取って上記のメンバーたちを教育するのですが、何と松陰先生は再び投獄されてしまうんです。


今度しでかしたのは、「江戸幕府の老中暗殺計画」!
老中を暗殺し、「日本にとっての一番ジャマ者だ!」と言わんばかりに大批判していた幕府を倒そうと持ち出しました。
もちろん捕まります。


運が悪いことに、当時の幕府は「井伊直弼(いいなおすけ)」を中心に、批判者粛清キャンペーンを大々的にやっていました。
いわゆる「安政の大獄」です。
幕府は松陰先生を許すはずもなく、安政6年10月27日(1859年11月21日)に斬首されてしまいました。
享年30。
辞世の句は「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」でした。


志半ばで短い生涯を終えた松陰先生の熱い魂は弟子たちに継承され、8年後の「明治維新」へと繋がっていきました。
松陰先生は生前、弟子たちにこんな言葉を残したといいます。

「諸君、狂いたまえ!」

今回は、言葉でも背中でも生徒を引っ張っていった、クレイジーティーチャーのお話でした。

 

wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル