徳川慶喜


【幕末タレント名鑑 「徳川慶喜」】

名前:徳川慶喜(とくがわよしのぶ)
所属:幕府
出身地:江戸小石川(東京都文京区)

生年月日:天保8年9月29日(1837年10月28日)
没年月日:大正2年(1913年)11月22日
思想:佐幕


第9回は、幕引き(ばくひき)将軍、徳川慶喜さんです

江戸幕府15代・最後の将軍として「大政奉還」や「江戸無血開城」を果たし、幕府を終わらせた慶喜さん。

「幕府の幕を引いた将軍」と書こうと思ったのですが、文字面が「幕幕」とにぎやかだったので、勝手にギュッとまとめて「幕引き(ばくひき)」にしちゃいました。

慶喜さんは御三家の水戸徳川家の出身で、幼名は「七郎麻呂(しちろうまろ)」、その後初めは「昭致(あきむね)」と名乗って、その後に「慶喜」と改名しました。
本人は「よしのぶ」よりも「けいき」と呼んでほしかったそうなので、「けいき」さんとお呼びしたいと思います。

生まれたのは江戸小石川の水戸藩邸だったんですが、生後間もなく水戸にお引っ越しして幼少期を過ごします。
学問も武術も優れた秀才少年だったそうです。
それに目をつけたのが御三卿(ごさんきょう)の一橋家。
弘化4年(1847年)、けいきさんは水戸から江戸へ向かい、一橋家を相続しました。

それから6年後、嘉永6年(1853年)、ペリーが日本に来て幕府は混乱に陥ります。
そして、それに加えて、「将軍継嗣問題」が起きました。
13代将軍の「徳川家定(いえさだ)」が病弱な上に跡継ぎもなし、これから産まれる見込みもなし、という状況だったんで、幕府の中では「次の将軍は誰だ!?」で大いに揉めていたんです。
揉めていたのは【南紀派】と【一橋派】。

【南紀派】:紀州藩主「徳川慶福(よしとみ)」推し
※彦根藩主「井伊直弼(いいなおすけ)」や「大奥」など
【一橋派】:けいきさん推し
※薩摩藩主「島津斉彬(しまづなりあきら)」、老中「阿部正弘(あべまさひろ)」など

結果は、けいきさんの負け。
なぜか島津斉彬や阿部正弘が次々に亡くなってしまい、さらに井伊直弼が絶大な権力を誇る大老に就任し、跡継ぎを徳川慶福(後に「家茂(いえもち)」)に決めてしまったからです。
そして、井伊直弼の大弾圧キャンペーン「安政の大獄」で隠居謹慎処分となってしまいました。

表舞台から早くも姿を消したけいきさんですが、その後、突如謹慎が解除されます。
「桜田門外の変」(万延元年:1860年)で井伊直弼が暗殺されたんです。
文久2年(1862年)、けいきさんは「将軍後見職」に就き、「政事総裁職」の「松平春嶽(しゅんがく)」と共に、参勤交代の緩和などをした『文久の改革』を行いました。

翌・文久3年(1863年)、京都へ上洛、朝廷と「攘夷」に関する交渉を行い、有力大名による合議制度の「参預会議(さんよかいぎ)」に参加します。
メンバーには、松平春嶽、山内容堂(ようどう)、伊達宗城(むねなり)、松平容保(かたもり)、島津久光、そしてけいきさん。
幕府だけでは立ち向かえないようなこの状況を、朝廷と有力大名と共に打開しようということだったのですが、けいきさんはとことんこのメンバーたちと相性が悪かった・・・。
松平春嶽や伊達宗城、島津久光を酒に泥酔しながら「天下の大愚物で大奸物!」と大罵倒して、朝廷の中川宮には「島津からいくらもらってんだ?」などの大暴言を吐いて、参預会議はあっけなく崩壊してしまいました。

元治元年(1864年)、けいきさんは参預会議の崩壊後に「将軍後見職」を辞任し、今度は「禁裏御守衛総督(きんりごしゅえいそうとく)」に就き、「禁門の変」や「天狗党の乱」などを見事に鎮圧しました。
その後けいきさんは、会津藩主・松平容保と、容保の実弟の桑名藩主・松平定敬(さだあき)と共に「一会桑政権」を形成して京都の政治を主導します。
イギリス・フランス・オランダなどの艦隊が大阪湾に集結した「兵庫開港要求事件」の大ピンチも見事に乗り切り、政治的手腕を大いに発揮したんです。

ところが、慶応2年(1866年)の「第二次長州征伐」で幕府は大きくつまずきます。
「薩長同盟」を結んでいた薩摩藩の出兵拒否⇒長州藩の最新武器に幕府軍は敗退⇒将軍の家茂が大坂城で病死、というとんでもない展開が待っていたんです。

将軍就任を望んでいなかったけいきさんですが「将軍になれる人物は慶喜をおいていない!」ということで、江戸幕府15代将軍に就任しました。
フランス大使のロッシュの援助を受けてフランス式の軍制改革を行ったり、弟をパリ万博博覧会に派遣したり、家臣たちを留学させたり、様々な改革を行い「権現様(家康)の再来」と称されるほどの活躍ぶりでした。

しかし、さらに悪いことに、幕府に信頼を置いていた孝明天皇が亡くなってします。
これによってさらに強烈な向かい風が吹き、薩長による武力倒幕を予想したけいきさんは、捨て身の奇策「大政奉還」に踏み切り、政権を朝廷に返上したんです!
何とか内乱を防ごうということだったんですが、倒幕派は「王政復古の大号令」のクーデターを起こし、けいきさんは京都から追い出されてしまいました。

何とか日本を戦乱から守りたいと思っていたけいきさんとは裏腹に、薩長を中心とした新政府軍と旧幕府は戦闘を開始し、「戊辰戦争」が勃発してしまいます。
大坂城で指揮を執る予定だったけいきさんですが、家臣たちを置いて、何と夜中に城を脱出し船で江戸へ向かってしまったんです。
江戸へ戻ったけいきさんは、新政府軍に恭順し、上野の寛永寺で自主的に謹慎生活して、事態の収拾を「勝海舟(かつかいしゅう)」に一任しました。

意向を受けた勝海舟は、新政府軍の総攻撃が控えた江戸城の「無血開城」を見事に達成。
これらのけいきさんの行動を「腰抜け」「卑怯者」と言われることもありますが、幕府の終わりを予見して「最少ダメージの政権交代」を実現した「幕引き」ぶりは評価されて良いと思うんです!
「最後まで戦い抜く」という潔さもありますが、けいきさんの「最後まで戦わない」という潔さこそ、将軍のプライドを捨て、ただ単に日本の平穏を願った忠義ある行動だったんではないかと思うわけです!

戊辰戦争が終焉を迎えると、けいきさんは謹慎を解除されて、徳川家の故郷ともいえる静岡で悠々自適に余生を送りました。
趣味は、元々得意だった手裏剣に加えて、狩猟や囲碁、謡曲、写真などなど。
そういったことに関しては極端に負けず嫌いだったそうで、どれもプロ級にまで成長したとか(笑)。
戦争に関して負けず嫌いでなくて良かった〜。



wrigting by 歴史芸人 / 長谷川ヨシテル